闇金の嫌がらせ

闇金の嫌がらせとは

闇金の嫌がらせとは

闇金に手を出すと一体何が恐ろしいのか…。

 

例えば、闇金から3万円を借りて、その3万円を利子を含みながらもしっかりと返済したとします。本来ならここで借り手と闇金との関係は終わりのはずですが、

 

ここで終わらないのが闇金です。

 

そもそも、一度でも闇金に手を出すような人間を、闇金が放っておくはずがないんです。

 

掘り下げて考えてみるとそのことが良く分かります。

 

闇金にお金を借りるということは、必ず他にも借金がある人です。
どこにも借入がない人がいきなり闇金からお金を借りようとはしないでしょう。
そのことを闇金業者はしっかりと把握しています。

 

だから、キッチリ返済したとしても、きっとその返済分はどこかから借りたお金なんだろうと考えるのが当たり前の考え方なんです。

 

闇金から借りる債務者は普通の人とは少し違います。
いえ、もとはまともな人だったのですが、借金が膨らみ、闇金を含めた様々な金融業者からお金を借りているうちに冷静さを失っている人がほとんどです。

 

その証拠に、利子だけを支払い、元本は全く減っていないにも関わらず、
今月は期限までに返済することが出来た…と思っているのですから。

 

利子という概念を取っ払えば、闇金業者にお金をあげているだけです。
もっと言えば、お金がないのに闇金に高額の寄付をしているようなものなんです。

 

この状況をおかしいと思えないほど思考が麻痺してしまっているのも闇金債務者の傾向と言えるでしょう。そして、そんな思考が麻痺した債務者に対し、闇金は執拗な嫌がらせをしてきます。

 

例えば、勝手にお金を振り込まれその返済を迫られたり、自宅などへの押しかけや、携帯電話への着信の嵐、または勤め先への電話もためらいもなく掛けてきます。

 

たった一度闇金からお金を借りただけでこれだけの嫌がらせを受けたいですか?

 

しかし、先ほども言ったように思考が麻痺している人はこういうのも、お金を借りたのだから仕方ない…、当然の報いだ…などと考えてしまうのです。これをお読みのあなたは今どのような感想をお持ちでしょうか。

 

自分が闇金からお金を借りても絶対にそうならない自身がある…

 

という方はご注意下さい。

 

人は本当にお金に困り、そしてその足元を執拗にみられると誰でも心を乱してしまう可能性を秘めているんです。そうならない為に、当サイト、闇金対策本部は存在します。

 

あなたがお金に困り、闇金からお金を借りようと少しでも思っているのなら絶対に止めて下さい。

 

そして、あなたが既に闇金からお金を借りていて、既に闇金の嫌がらせを受けているのであれば、当サイトがご紹介する法律・法務事務所に少しでも早くご相談下さい。

 

きっと疲れたあなたの大きな力になってくれると思います。
相談は無料です。安心して闇金とのこれまでの経緯をご相談下さい。
ご相談はメールでも電話でもどちらでも対応しています。

 

一日でも早く、あなたが闇金から解放されることを願っています。

 

闇金問題を解決したい方はこちらへ